2014年09月06日

災害対策グッズは食糧も忘れずに!


災害対策グッズを準備するとき、食糧の備蓄も考えなければいけません。
食糧は最低でも3日分、
1週間分の備えがあると安心だといわれています。


災害対策についての意識も高まり、いろいろな保存食が販売されています。

缶詰やインスタント食品、レトルト食品、パック入り切り餅、
水もどし餅、乾燥スープなどが一般的ですが、
パンの缶詰やアルファ米など、
災害対策グッズとして便利な食糧が販売されています。

【即納】【緊急用】お水があったら食べられるお餅【12袋セット】(しょうゆ×12袋) (非常食・保存食)【送料無料】【当日発送】【旨いもの探検隊】

とはいえ、
家族の人数分食糧を備蓄するのは場所もとりますし、思った以上に大変です。

そこで保存食を多めに準備しておく、
いわゆるローリングストック法が便利です。



特別な非常食を準備するのではなく、
毎日の生活の中で無駄のない食糧の備蓄をすることができます。

方法としては、普段購入する約2倍の食糧を準備します。
カップ麺やレトルト食品、缶詰、お菓子類がいいでしょう。


古いものから順に使っていき、
備蓄が約半分になったら、使った分と同じくらいの量の食糧を購入します。

このように、常に食糧が余分にある状態を保つことが
ローリングストック法のポイントです。



また、災害はいつ起こるかわかりません。
自宅にいる場合なら食糧の備蓄が役に立ちますが
戸外にいる時に災害に遭うかもしれません。

その場合に備えて、いつも使っているカバンにキャンディやチョコレート、
またはスナック類を忍ばせておくといいでしょう。


甘いものは気持ちを落ち着かせる効果もありますから、
ぜひ持っておきたいものですね。

【即納】【緊急用】お水があったら食べられるお餅【12袋セット】(あんこ×12袋) (非常食・保存食)【送料無料】【当日発送】【旨いもの探検隊】


posted by 災害対策グッズのプロ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害対策グッズ 食糧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。