2018年01月07日

災害対策グッズを準備していますか?

近年防災意識が高まり、家庭に災害対策グッズを準備している人も
増えてきました。

6c79b726d49b6049ae901b5e81e10947_t.jpg

とはいえ、何をどのくらい準備をしたらいいのか分からないという人や、この地域は安全だからなどといった根拠のない理由で、災害対策グッズを用意していない人もまだまだ多くいらっしゃるようです。


いざという時のために、災害対策グッズを考えてみましょう。


災害対策グッズは使わないことに越したことはありません。

しかし災害は、いつ、どこで、何が起こるのかという予想がつきにくいものです!
しかも自然災害が起これば、その自然の力にはいません。

だから、普段から災害対策グッズを準備し、災害の時はどういう行動をとったらいいのか、シミュレーションをしておくことも大切ですね!

夜間の災害での停電、どこに何があるか分かりますか?
足元に散乱した家具やガラスを踏んで大けがということも考えられます。
普段からの備えと心構えは大切です。


また、地域や職場の防災訓練に参加したり、家族で災害時の行動を普段から話したりしておくこともとても重要です。



では、災害対策グッズは何をどれくらい準備したらいいのでしょうか。


一般的には水や食料など、3日分と言われていますが、家庭環境や家族構成、持病などによっても必需品は違ってきます。


インフラが停止するような災害の場合は、数日以内に食料品などの救援物資が届けられるようなので、3日分と言われている食料品は優先順位は低い用にも思いますが、水と携行職は多めに用意しておいてください。


災害対策グッズは、命の危機に陥るリスクを軽減するグッズであり、避難の手助けとなるようなグッズ、または健康上欠かせないものなどを中心に考えましょう。


個人によって必要なものが違います。
市販の非常用持ち出し袋に必要なグッズを加えるという方法がいいでしょう。














【関連する記事】
posted by 災害対策グッズのプロ at 10:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害対策グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする